11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ujitaスタッフ

Author:ujitaスタッフ

新潟県燕市の建設会社
株式会社 氏田組」の
スタッフブログです。
仕事以外の事も含め
日々の事をいろいろ書いています。
よろしくお願いします!
(*´∀`*)

ランキングに参加しています


ポチッ♪と
ρ゙(・・*)

最新記事

訪問者数

カテゴリ

ブログ村記事一覧

最新コメント

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪・雪・雪

2014.12.15 15:56|etc・・・
しばらくご無沙汰しておりました。
スタッフのSです。

ちょっと放置している間に季節は流れ、夏を通り越していつの間にか冬になってました。

冬と言えば「鍋」・・・ではなく、今回は「雪」の話をしたいと思います。

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」と川端康成の有名な小説の一文にもあるとおり、越後新潟は冬になると雪が多く降ります。
冬の間は一ヶ月の間にほんの数日しか晴れず、ほとんど毎日灰色の空の下で過ごさなくてはなりません。

とは言え、新潟県は何処でも豪雪というわけではなく、スキー場の多い山間部ではメートル単位の雪が降りますが、当社のある新潟県央地域では30センチくらいの積雪が一般的です。
新潟市内に至ってはさらに少なく、ほんの数センチなんてこともあります。

そんな新潟県央地域ですが、今シーズンは初雪からガッチリ降られるという例年に無い冬のスタートを切りました。
12月6日が初雪だったのですが、いつもならパラパラと降る程度の雪がいきなり初日からドカン・・・
そして1週間後の先週末もやっぱりドカン・・・

2週続けて週末を雪にやられました。
20141215c.jpg
ビワの木も雪の重みで幹から折れてしまいました。

それだけ雪が積もったら、やらなくちゃいけないのが「除雪」
当社は道路除雪も請け負っているので、大きな重機もスタンバってます。
20141215a.jpg
構内の広いところは重機で一気に雪を片付けてしまいます。

が、細かいところはどうしても人の手でやらなくてはなりません。

そこで登場するのが
20141215d.jpg
ママさんダンプ

どうしてママさんダンプと言うのか良くわからないけど、たぶん「ママさんでも楽に除雪できる」からそう名付けたのかもしれませんね。

このママさんダンプを
20141215e.jpg
雪にグサッと差し込んで・・・

20141215f.jpg
そのまま引き抜き・・・

20141215g.jpg
邪魔にならないところに運んでポイ!

これを繰り返します。

20141215b.jpg
ちなみに、この場所の積雪深は30センチ。
これくらいならママさんダンプで一気に運べます。

こうして重機の入れないところの雪を人力で掻き出して
20141215k.jpg
掻き出した雪を再び重機で運んでもらいます。

そうして集めた雪をどんどん積み上げると
20141215i.jpg
あっという間に3メートルを超える雪山の出来上がり。
建設屋らしくスタッフ(高さを測る現場用の定規)を立ててみました。

20141215j.jpg
これで玄関周りの除雪も完了。
無事にお客様を迎えられるようになりました。

それにしても・・・慣れないことをすると腰が痛い(*_*)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。